カテゴリー別アーカイブ: 労働基準法選択

第42回社会保険労務士試験の選択試験問題解説 労働基準法及び安全衛生法 〔問 1〕

第42回社会保険労務士試験の選択試験問題解説 労働基準法及び安全衛生法 〔問 1〕

第42回社会保険労務士試験の選択試験問題解説

労働基準法及び安全衛生法

〔問 1〕 〔問1〕次の文中の(A)~(E)の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。 1 「使用者が労働者を新規に採用するに当たり、その雇用契約に期間を設けた場合において、その設けた趣旨・目的が労働者の適性を評価・判断するためのものであるときは、右期間〔当該期間〕の満了により右雇用契約〔当該雇用契約〕が当然に終了する旨の明確な合意が当事者間に成立しているなどの特段の事情が認められる場合を除き、右期間〔当該期間〕は契約の存続期間ではなく、(A)であると解するのが相当である。」とするのが最高裁判所の判例である。 2 「労働者が長期かつ連続の年次有給休暇を取得しようとする場合においては、それが長期のものであればあるほど、〔…(略)…〕事業の正常な運営に支障を来す蓋然性が高くなり、使用者の業務計画、他の労働者の休暇予定等との(B)を図る必要が生ずるのが通常」であり、労働者がこれを経ることなく、「その有する年次有給休暇の日数の範囲内で始期と終期を特定して長期かつ連続の年次有給休暇の時季指定をした場合には、これに対する使用者の時季変更権の行使については、〔…(略)…〕使用者にある程度の裁量的判断の余地を認めざるを得ない。」とするのが最高裁判所の判例である。 3 賞与の対象期間の出勤率が90% 以上であることを賞与の支給要件とする就業規則の規定における出勤率の算定に当たり、労働基準法第65条の定める産前産後休業等を出勤日数に含めない取扱いについて、「労働基準法65条〔等〕の趣旨に照らすと、これにより上記権利〔産前産後休業の取得の権利〕等の行使を抑制し、ひいては労働基準法等が上記権利等を保障した趣旨を実質的に失わせるものと認められる場合に限り、C とし て無効となる」とするのが最高裁判所の判例である。 4 労働安全衛生法第43条においては、「動力により駆動される機械等で、作動部分上の(D)又は動力伝導部分若しくは調速部分に厚生労働省令で定める防護のための措置が施されていないものは、譲渡し、貸与し、又は譲渡若しくは貸与の目的で(E)してはならない。」と規定されている。

選択肢は以下の①~⑳の中から選ぶこと。 ①解雇  ②回転軸  ③原動機 ④権利の濫用  ⑤公序に反するもの  ⑥互譲の手続 ⑦事前の調整  ⑧使用 ⑨試用期間  ⑩信義に反するもの  ⑪製造 ⑫設置 ⑬団体交渉  ⑭展示 ⑮突起物 ⑯内定期間  ⑰歯車 ⑱不法行為 ⑲雇止め  ⑳労使協議

皆様、こんにちは。今回の解説をはじめさせていただきます。

社会保険労務士試験の選択試験問題に関しては計算させて数字を入れる問題などは別として全体的には「国語力」の勝負だと私は考えています。では、国語力を身につけるにはどうすれば良いのでしょう。ひたすら過去問を解くことが国語力を身につける有効な方法であると私は信じています。

そうそう、当ブログでは、解説をじっくりとご説明しますが、実際の社会保険労務士試験本番での選択試験問題の解き方は、

http://tkgb.jp/sr-study/study.html

というURLを参考にして下さいね。実際の本試験では、時間をじっくりかけるだけではダメです。効率よく解答していく必要がありますので、

http://tkgb.jp/sr-study/study.html

のURLのやり方を参考にしてください。

 

では、早速今回の問題文を一緒に見ていきましょうね。

Aの空欄は「・・存続期間ではなく、(A)であると解するのが相当である。」とありますね。この1行を見た段階で、私は「存続期間ではない別の期間かな?」と考えました。それは、今までにたくさん社会保険労務士試験の選択問題の過去問を解いていると、「・・ではなく、・・」というフレーズがくると、直前の言葉に大きなヒントが隠されていると私は考えるからです。わざわざ「存続期間ではなく、」と言ってきているのですから、存続期間ではない他の期間ではないかと推測するわけです。つぎに、初めの方に、「新規に採用するに当たり、その雇用契約に期間を設けた場合において、・・」というフレーズがあります。そして、文章を読んでいくと、この「新規に採用するに当たり、その雇用契約に期間を設けた場合」のことをAであると解するのが相当である。と言っていいるわけです。この「新規に採用するに当たり、その雇用契約に期間を設けた場合」というのは、私なりに読みかえると、「新たに採用した人の、最初の1か月か2か月というような具体的な期間」と読みかえることか出来ると思います。つまり、仕事始めの期間と言うことですね。ここまで考えた後で、選択肢を見ると、「期間」とつく言葉は「⑨試用期間」と「⑯内定期間」の2つですね。期間という言葉だけでも、正解はこの2つのどちらかまでしぼられました。そして、試用期間と内定期間の意味を考えると、試用期間という言葉は、仕事始めの「見習い期間」のようなものですね。そして、内定期間という言葉は、例えば、大学生4年生が卒業まであと半年の段階で○○会社に、卒業後の4月から就職することが内定したという使い方をしますね。働き出すまでの「モラトリアム(猶予期間)」というような言葉の使い方をしますね。ですから、Aの選択肢には「働き始めてからの最初の期間」という意味で「試用期間」を入れます。

Bの空欄は「まさに国語力」が問われる問題ですね。Bの空欄の前後の文章は「他の労働者の休暇予定等との(B)を図る必要が生ずるのが通用」という文を読んだ瞬間、私は「調整」という単語が脳裏に浮かびました。何との調整かについては、「他の労働者の休暇予定等とのBを図る必要が生ずるのが通常」の文だけでは、わかりませんから、もっと多くの前後を読む必要があるのですが、実際の本試験では、私は、「調整」という言葉を書いたら、次のCの空欄を考える作業に入ります。その理由は

http://tkgb.jp/sr-study/study.html

にていねいに詳しくご紹介しています。

Bの空欄の「調整」という言葉だけでも、20の選択肢の中には「事前の調整」しかありませんので、これが解答となりますね。

Cの空欄は、前後を読むと「(C)として無効となる、とするのが最高裁判所の判例である」とありますね。これを読んだ瞬間、私は、「反意語または否定型」が入ると判断します。もうすこしたくんさの前後の文章を読んだ方が良いのですが、選択肢の中から反意語または非定型としては「権利の濫用、公序に反するもの、信義に反するもの、不法行為」の4つがありますね。では、もうすこし前後の文章を読んでみましょうか。「Cとして無効となる」の主語は何でしょうか。私は「労働基準法第65条の定める産前産後休業等を出勤日数に含めない取り扱いについて」が主語だと考えます。つなげると、

労働基準法第65条の定める産前産後休業等を出勤日数に含めない取り扱いについて、Cとして無効となる。

と考えます。すると、産前産後休業等は出勤率については「出席」扱いとするということは、今回私が「あなた」に伝えますので、覚えておいてください。では、「出勤日数に含めない」を「出席扱いとする」に変えたら良いのですね。それにあてはまるようなCの文言は、「権利の濫用」ではちょっとおかしいですね。「信義に反するもの」、いわゆる信頼を損なうというようなニュアンスですが、出席扱いにするのは信頼とはちがうような気がしますね。また「不法行為」まではいかないかなぁ、とも思います。結局「公序に反するもの」、これかなぁ、と私は考えます。ちにみに「公序」とは、私の手元の国語辞典には「公序=公共の秩序」と載っています。確かに、今回のCの空欄は判例を知っていないと難しいかもしれませんね。

Dの空欄は「突起物」Eの空欄は「展示」が入ります。この二つが入らない人は、まだ問題演習が足りない人だと私は思います。DとEは今回の〔問 1〕のなかでは、選択肢がなくても解答できるやさしい点取り問題だと思います。

DとEの空欄は平成14年社会保険労務士試験の午後の択一問題の労働基準法及び安全衛生法〔問10〕のCで

↓↓↓平成14年の社会保険労務士試験の本試験問題です。↓↓↓

(C)動力により駆動される機械等で、作動部分上の突起物又は動力伝導部分若しくは調速部分に一定の防護のための措置が施されていないも のは、譲渡し、貸与し、又は譲渡若しくは貸与の目的で展示してはならない。

↑↑↑平成14年の社会保険労務士試験の本試験問題です。↑↑↑

が○(正答肢)となる問題として、そのまま出されている問題です。過去に択一試験で出された文章が次年度以降の選択試験問題に出されると言うことは、社会保険労務士試験にはとても多いパターンですので、「あなた」は合格するためにも、「過去問」の択一試験問題を何回も解いてくださいね。ひいては、それが午前の選択試験対策にもなるのですからね。

今回の「労働基準法及び労働安全衛生法」の問題は、Cは解けなくてもかまいません。しかし、残りの4つは本試験当日には確実に得点できるようにこれからの社会保険労務士試験勉強の継続もお願い致します。