はじめに

みなさま、こんにちはTKGBと申します。

まずは、「第42回社会保険労務士試験の択一試験問題解説 労働基準法及び労働安全衛生法 〔問 1〕」の青文字をクリックしてご覧下さい。

以上の解説内容をご覧頂き、興味をお持ち頂いた方にお伝えします。

当サイトでは過去の社会保険労務士試験問題の解説について少しずつ更新を加えていっているところです。今までに社会保険労務士試験勉強をスタートした人で、過去問の解き方や考え方などに悩んでいる人を対象として、私ならばこう考えていますという事例をご紹介させて頂いています。

私が社会保険労務士試験の受験生として初学者の頃に感じていたのは「覚えなければいけない数字などは覚えるから、どうしてこの問題はこのような結論、つまり正答肢になるのか誤答肢になるのかの判断基準を明確にして欲しい。」というものでした。

言い換えると、私自身の理解力が乏しいばかりに社会保険労務士試験問題を解くときに「なぜこうなるのかわからない」という悩みにとらわれることが多かったです。

そして、「高校入試の数学のように問題から解答まで導くときの途中経過をわかりやすく解説しているテキストや過去問題集の解説などはないかなぁ。その一冊を購入すれば、他のテキストや解説書は購入しなくても良い、その一冊だけで社会保険労務士試験過去問の解き方は全てのっている本はないかなぁ。あれば少々高くても買うのになぁ。」と探した時期もありました。

結果として「これ一冊で他に買わなくてもOK」という解説書は私個人には見つけることはできませんでした。

そのために、社会保険労務士試験問題を解くにあたり、理解力に乏しい私はかなり苦労しました。

そこで、その苦労の結果「こういう考え方で私は社会保険労務士試験問題を解きました」というものを残すと今後の社会保険労務士試験問題を解こうとする初学者レベルの方にとっては、少しでもお役に立つことができるのではないかと思ったのが、当サイト設立のきっかけです。

まだまだ至らない解説内容や説明内容も多いかと思いますので、「ここはこうした方が良りわかりやすくなるよ。」というようなご意見やアドバイスがございましたら、078-779-2259までお電話でもFAXでもご連絡頂けると幸いですのでよろしくお願い致します。

当サイトの利用方法につきましては、やはり、必要な箇所を印刷して繰り返し眺めて考えるという方法が私個人の考えるおすすめの方法です。過去問解説内容のメニューにつきましては、当サイトの右側に「過去問解説メニュー」として明記させて頂いております。もし、当サイトの解説等について何かご質問その他のお問い合わせがございます場合には、078-779-2259までお問い合わせいただけると幸いです。また当サイトの解説はあくまでも社会保険労務士試験問題を解きやすくする為の考え方でありますので、実際の社会保険労務士の実務や世間の一般常識や感覚との相違が生じる場合も多々あるとは思いますが、予めご了承頂けますようお願い申し上げます。

スポンサードリンク